過去

嫁が結婚前に出会い割り切り交際していた過去が発覚


嫁が結婚前にいわゆる援助交際をしていた過去が発覚した場合、どう対応すべきなのでしょうか。
ここでいう援助交際とは、出会い系サイト、テレクラ、出会い系バー、出会いカフェ・出会い喫茶での、いわゆる出会い割り切り交際を含みます。
最近、多いことから、考察しておきます。

◉【今何位?!ランキング参加中】
応援して下さる方は、上の3つのバナーバナーのクリックを、毎日宜しくお願い致します。 パソコンとスマホからも、この3箇所を毎日クリックして下さい。
クリックして現れるランキング一覧の中から、再度「日刊○○新聞」を押しててください。

ご主人

無気力

奥さま

奥さまの考え方や生き方は変えそうにはありません。悪事を働いたら、本当に望む場面にはたどり着けません。いつか必ずしっぺ返しがきます。出直しです。ただし腐らずに。

義理の父

結婚詐欺だと感じるでしょう。

義理の母

ケンカになるでしょう。

結論

若い女の子にズバリ言いたい。
割り切り交際はしてはいけません。
出会いカフェなどの盛況が、結婚率を下げていることを、国は知るべきだ。

関連記事

  1. 妻が結婚前にキャバクラで働いていたのが発覚
  2. 嫁が結婚前に相席屋に出入りしていた過去が発覚
  3. 嫁が結婚前にSMクラブで働いていた過去が発覚
  4. 嫁が結婚前にソープランドで働いていた過去が発覚
  5. 嫁が結婚前に風俗で働いていた過去が発覚

結婚ブログランキング

[婚活市場最新情勢]

  1. 全国の自治体の半数超932市区町村が「結婚」を支援

おすすめ記事

結婚できるかは運か?出会いは偶然か? 発泡酒は遺伝子組み換えトウモロコシを使っている! 銀行カードローン「貸付自粛制度」は、結婚生活にも影響大! 婚活者の1割しか結婚できない?! 人生楽しむために結婚はプラスか? 婚活とVIOライン脱毛 注目はOライン脱毛! 戸籍法規定で事実婚2人が夫婦別姓を認めないことを提訴へ  美人はなぜ金持ちと結婚できないのか? 婚活とワキ脱毛の効能

バックナンバー記事

毎日ママ友間の愚痴を聞かされる結婚生活もうゲロ吐きたい 結婚式の必要性

日刊結婚新聞社 公式Facebookページ

PAGE TOP