少子化

フランス婚の是非

◉【今何位?!ランキング参加中】
応援して下さる方は、上の3つのバナーバナーのクリックを、毎日宜しくお願い致します。 パソコンとスマホからも、この3箇所を毎日クリックして下さい。
クリックして現れるランキング一覧の中から、再度「日刊○○新聞」を押しててください。

フランスでは、パックス制度という結婚と同棲の中間にあたる制度が認められています。
これが同性愛者だけでなく、男女も気軽に一緒になれ、子供を作れるということで、出生率が高くなっているともいわれています。
日本においても、フランス婚を認めるべきか、考察してみます。

男性にとって
浮気っぽい世の中になってしまうでしょう。

女性にとって
不信感が強い世の中になってしまうでしょう。

結論
幻滅することになるでしょう。

提言
確固たる中心軸があってこそ、様々な変化に対応できると思います。
日本において、フランス婚は導入すべきではありません。

関連記事

  1. 3人に1人は、不妊治療により出生
  2. 人工妊娠中絶の数は、年間20万人
  3. 10パーセントが体外受精で出生
  4. 男は女の不良品?
  5. 年間出生者数50万人時代へ
  6. 50代の出産
  7. 20代の出産
  8. 子供を持つことは地獄?!

結婚ブログランキング

[婚活市場最新情勢]

  1. 全国の自治体の半数超932市区町村が「結婚」を支援

おすすめ記事

婚活者の1割しか結婚できない?! 発泡酒は遺伝子組み換えトウモロコシを使っている! 人生楽しむために結婚はプラスか? 戸籍法規定で事実婚2人が夫婦別姓を認めないことを提訴へ  婚活とワキ脱毛の効能 美人はなぜ金持ちと結婚できないのか? 銀行カードローン「貸付自粛制度」は、結婚生活にも影響大! 婚活とVIOライン脱毛 注目はOライン脱毛! 結婚できるかは運か?出会いは偶然か?

バックナンバー記事

35歳〜54歳未婚者の約半数が「あえて結婚していない」 滝川クリステル&小澤征悦の恋のゆくえ

日刊結婚新聞社 公式Facebookページ

PAGE TOP