産みたい

結婚をあきらめる必要はあるか?

◉【今何位?!ランキング参加中】
応援して下さる方は、上の3つのバナーバナーのクリックを、毎日宜しくお願い致します。 パソコンとスマホからも、この3箇所を毎日クリックして下さい。
クリックして現れるランキング一覧の中から、再度「日刊○○新聞」を押しててください。

所謂結婚適齢期を過ぎた場合、結婚をあきらめる必要はあるのでしょうか?
結婚の目的が、子供を産むということであれば、現実的に妊娠しやすい時期、子育てしやすい年齢というのはあるわけで、問題になります。
結婚を諦めようとしている女性・男性の場合に分けて、考察します。

結婚を諦めようとしている女性の場合

結婚を諦めてしまっては、そもそも、子供には恵まれない。矛盾しています。
ひねくれた女性です。

結論

あきらめてはいけません。
あきらめると人生転落します。

結婚を諦めようとしている男性の場合

今、周りに結婚相手がいなかったとしても、もっと先を見て、行動すべきです。
単に、今、回りに結婚相手がいないことで、諦めようとしているだけです。
あなたには何の責任もありません。

結論

あきらめてはいけません。
あきらめると不幸になります。今の場所はさっと通り過ぎ、先を探すべきです。

関連記事

  1. 結婚は神秘的なものか?
  2. デキ婚の是非
  3. 美人は結婚しやすいか?
  4. 子供がいない夫婦は生物として恥じるべきなのか
  5. 結婚はしたくないけど、子供だけ欲しい
  6. 交際期間不要!! 即結婚が理想的な結婚
  7. 自分とは性格が違う相手と一緒になる結婚は、なぜしなければならない…
  8. 結婚はノリと勢いか?!

結婚ブログランキング

[婚活市場最新情勢]

  1. 全国の自治体の半数超932市区町村が「結婚」を支援

おすすめ記事

銀行カードローン「貸付自粛制度」は、結婚生活にも影響大! 人生楽しむために結婚はプラスか? 発泡酒は遺伝子組み換えトウモロコシを使っている! 婚活とVIOライン脱毛 注目はOライン脱毛! 婚活とワキ脱毛の効能 美人はなぜ金持ちと結婚できないのか? 結婚できるかは運か?出会いは偶然か? 婚活者の1割しか結婚できない?! 戸籍法規定で事実婚2人が夫婦別姓を認めないことを提訴へ 

バックナンバー記事

人は経済的に自立すべきか? 嫁が結婚前に相席屋に出入りしていた過去が発覚

日刊結婚新聞社 公式Facebookページ

PAGE TOP