夫婦別姓

戸籍法規定で事実婚2人が夫婦別姓を認めないことを提訴へ 

戸籍法の規定で外国人と結婚した場合は夫婦別姓を選べるのに、日本人同士だと夫婦同姓しか認められないのは法の下の平等に反して違憲だとして、岡山県に住む日本人で事実婚の夫婦が来年1月にも、
慰謝料など約220万円の支払いを国に求める訴訟を岡山地裁に起こす。民法の夫婦同姓の規定を巡って最高裁は2015年に合憲と判断したが、戸籍法の規定に着目した提訴は初めてである。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で日刊結婚新聞社をフォローしよう!

関連記事

  1. 手を繋いで違和感がない人とは、結婚相性がいいのか?
  2. 仕事ができない自分はダメ人間か?
  3. 結婚できるかは運か?出会いは偶然か?
  4. 人生楽しむために結婚はプラスか?
  5. いい夫婦の日 まあ円満76.1%
  6. 35歳〜54歳未婚者の約半数が「あえて結婚していない」
  7. 『あー終電なくなっちゃった』はありか?
  8. 仕事が楽しすぎて、恋愛に興味がわかない

[婚活市場最新情勢]

  1. 全国の自治体の半数超932市区町村が「結婚」を支援

おすすめ記事

婚活者の1割しか結婚できない?! 美人はなぜ金持ちと結婚できないのか? 戸籍法規定で事実婚2人が夫婦別姓を認めないことを提訴へ  発泡酒は遺伝子組み換えトウモロコシを使っている! 結婚できるかは運か?出会いは偶然か? 婚活とワキ脱毛の効能 人生楽しむために結婚はプラスか? 銀行カードローン「貸付自粛制度」は、結婚生活にも影響大! 婚活とVIOライン脱毛 注目はOライン脱毛!

バックナンバー記事

10代の出産 結婚は合理的なものか?

日刊結婚新聞社 公式Facebookページ

PAGE TOP