ニュース

全国の自治体の半数超932市区町村が「結婚」を支援

独身男女の出会いの場づくりや縁組など結婚支援事業に関する共同通信の調査で、全国1741市区町村の53・5%に当たる932自治体が独自に実施していることが9日、分かった。延べ約37万6千人が参加し、自治体が把握しているだけで6177組が結婚した。
少子化や若者流出といった人口減少対策の一環として取り組む例も多く、一定の成果が出た形だ。地域活性化策と捉えている自治体もあるが、人口が少なく、婚活イベントの参加者確保に苦労するなど課題も浮かんだ。
調査は6~8月に実施、1579市区町村が回答した。このうち、結婚支援事業を「実施中」と答えたのは59・0%。LINEニュースより

関連記事

  1. 恋愛感情ないのに LINEで「ウソ告」 若者の間で流行
  2. 20代未婚男女中 男性6割、女性4割 結婚願望なし
  3. 育ちが良さそうな名字ランキング 1位!西園寺
  4. 須藤凛々花 彼と出逢ってから1年間相性占いして確かめる!
  5. 20代の恋愛経験がない人の割合 男性53.3%、女性34%
  6. 年間出生者数50万人時代へ
  7. 結婚の目的
  8. アラフォー女性の未婚率

[婚活市場最新情勢]

  1. 全国の自治体の半数超932市区町村が「結婚」を支援

おすすめ記事

人生楽しむために結婚はプラスか? 発泡酒は遺伝子組み換えトウモロコシを使っている! 結婚できるかは運か?出会いは偶然か? 銀行カードローン「貸付自粛制度」は、結婚生活にも影響大! 婚活とVIOライン脱毛 注目はOライン脱毛! 婚活とワキ脱毛の効能 戸籍法規定で事実婚2人が夫婦別姓を認めないことを提訴へ  婚活者の1割しか結婚できない?! 美人はなぜ金持ちと結婚できないのか?

バックナンバー記事

イケメンは健康か? 結婚はしたくないけど、子供だけ欲しい

日刊結婚新聞社 公式Facebookページ

PAGE TOP